短納期が可能な横断幕の製作

Posted by admin on September 2, 2014 with no Comments | Short Link

スポーツ大会や学園祭、あるいは地域の催し物と言った、ちょっとしたイベント時において、横断幕を用いて応援や宣伝をしているシーンを目にしたことがある人も多いのではないでしょうか。横断幕の製作というと、とても難しい、あるいは煩雑な打ち合わせなどが必要なのでは、というイメージがあります。しかし、最近の印刷業者では、驚きの低価格・短納期で作成することが可能となっており、注目を集めています。短納期の理由としては、ネットやメールを介したやり取りを挙げることが出来ます。特に、オリジナルのロゴやイラストなどを用いて作成したい場合、電子データがあれば、業者の作成依頼サイト内に設けられている専用フォームや、メールへのデータ添付による入稿を受付けているため、これまでよりもスピーディーな対応が可能となっているからです。

顧客効果を発揮する横断幕の製作

何気ない横断幕に誘われたのがきっかけで娘の塾を決めてしまいました。横断幕というのは、本の一瞬見ただけで、全てが脳裏に焼き付くというものがあります。自動車で走っていた途中にあった塾のビルの最上階に教育方針が端的に青い生地に白抜きで描いてあっただけなのですが、その内容が気に入り、そのまま信頼をしてしまったというのは、単純な行動だったかも知れません。偶然にも優良で満足できる塾であったため、その横断幕に感謝をしている今日この頃ですが、道行く車に一瞬にして好印象を与えるような製作をしたところの技術力は、すごいものだと思いました。友人も、そのインパクトが抜けずに、その塾に子どもの成績のことを相談に行ったと言います。特に顧客効果のための横断幕の製作は、どこでしてもらうかをしっかり選ぶことが大切なのだと知りました。

横断幕を皆で製作した体験談

知り合いのお子さんの発表会の応援に、皆で横断幕を製作した経験があります。業者に頼もうか迷いましたが、皆で作れば材料費も安くオリジナルな物が作れると思い、休日に材料を持ち寄って作ってみました。布は手芸が好きな方が持って来て下さり、あとはチャコペーパーや絵具などを用意し、作り始めました。横断幕に入れる文字の形を皆で作る事から始めて、型紙が完成しましたら、布にチャコペーパーを挟み、上から文字をなぞり転写していきました。そして、アクリル絵具を文字に塗っていきます。思っていたより上手く出来て、応援当日も横断幕が目立っていたようで、評判が良かったです。時間的にも、作り始めて4時間ほどで完成する事が出来たので、予想より早く出来て良かったと思っています。手作りするのが好きな方には、おすすめな方法だと思います。

Copyright © 2016 横断幕の製作について知ってみよう All rights reserved.